2010年04月06日

久々にF1。

今年のF1も開幕して3戦モータースポーツ

序盤戦のチーム序列はだいたい見えてきました。


3戦を見て感じたこと。


@レッドブルが速い。特にベッテル。

Aマイケル(=ミハエル・シューマッハ)はブランク長かったなぁ。

Bマクラーレンとフェラーリ・・・学ばないねぇ。

Cアルグエルスアリとスーティル。この2人は今後も要チェックexclamation×2

D可夢偉くんは残念。クルマの信頼性が。

Eルノー、戦闘力ないけど今年のレギュレーションに助けられた感じ。

F新規3チーム、頑張ってますねぇ。ロータスカラーかっこいい。

番外編・ハミルトンのドライビング、やっぱキライちっ(怒った顔)


まず、@。ベッテルは実質的に3連勝だっただけに、とりこぼしがもったいない。今年は上位フィニッシュのポイント差が大きいだけに、余計。

A。マイケルはチームメイトから0.5秒落ち。これは決定的な差。各セッション後に不機嫌なのも納得か。

B、特にマレーシア。一昨年も同じようなことしてるのに、またも予選でミス。クルマの速さはあるだけに残念。
フェラーリはトータルの速さ、マクラーレンは直線番長。

Cトロロッソのアルグエルスアリ、フォースインディアのスーティル。トップ4と堂々と渡り合えるドライビング、注目。
フォースインディアはクルマがとても速くなっただけに、琢磨が蹴ったのは結果論だけど勿体無かった。

D可夢偉くんは・・・クルマの信頼性だねぇ。今年のザウバーはセットアップにも苦労してるけど、合うコースに行けばQ3の可能性も見えてくる。
予選はチームメイトに1勝2敗。まずはここで勝ち越さないとね。

Eルノー。荒れたオーストラリア、次いで予選が波乱のマレーシア。
共に上位で走り、トップチームを必死に抑えたクビサ。やりゃー出来る子じゃん(笑)。
今年のルノーは第2グループでも下のほうだけに、ちょっとウレシイ。
ただ、クビサに対してペトロフが・・・。残念。

F新規チーム。下位に沈むことはわかっていたこと。その中でも、3チームによるセカンドグランプリでバトルして。
ヴァージンが結果出てないけど、ロータスはかなり健闘している。
HRTも思ったよりもいいかな。

番外編は・・・言うまでもなく。
マレーシアでも、並ばれたクルマに対して外に幅寄せ、無理やりライン守ろうとするとか。
それもドライビングテクニックだけど、ホントに速いドライバーはそんなことする必要なし。アロンソ見てればわかるよね。


さて、次戦はフライアウェイ4戦のラスト、中国。
給油禁止になって決勝はパレードレース。オーストラリアみたいに上位勢が予選で下位に沈まない限り、オーバーテイクは期待できない。
だからこそ、予選が重要!



posted by ぴあす。 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。