2008年01月03日

箱根駅伝・総括。

今年の箱根駅伝は、往路2位の駒澤大学が

見事な逆転優勝を飾り、幕を閉じました。

駒澤大学の皆さん、おめでとうございますexclamation×2


我が母校は、安定した復路の走りで順位を上げ、

目標である5位でのゴールをしましたわーい(嬉しい顔)

選手の皆さん、お疲れさまでした。

復路は特に学年が下の選手の活躍が目立ち、

来年に期待が持てそうです。


また、往路の順天堂大学に続いて復路でも悲劇が。

9区の大東文化大学は、脱水症状だったのでしょうか。

残り5kmくらいからふらふらになり、残り3kmくらいで

リタイアとなってしまいました。

これにより史上2回目、同一年で2校のリタイアに

なってしまった今年の箱根ですが、更なるドラマは

10区に潜んでいました。


10位までにゴールすれば、翌年のシード権を手に。

しかし、11位になってしまうと予選会からの参加となり、

厳しい闘いを強いられることになります。


今年は優勝争いもさることながら、シード争いも

大混戦で、10区に入ったところで8位〜12位までの

5校が1分26秒の中にいました。


レースも残り2km、11位の日本大学が

10位を走る東洋大学に猛然と迫ります。

今にも抜くか!?と思われたそのとき、両校が走る横に

倒れこむ青いユニフォーム。

東海大学、レース中盤で足を挫いてしまい、

2日間216kmを繋いできた襷が、途切れてしまいました。


この瞬間、史上初の同一年3校リタイアになってしまいました。


今年はリタイアとなった3校以外にも、

何度も選手に異変が起こっていました。

駅伝と言う競技の性質上、前の選手に追いつくために

多少オーバーペースで走ってしまうこともあるでしょう。

選手は母校の襷にかけて、無様なレースは出来ないと

思っていることでしょう。


そこで、監督の出番だと思うのです。

何のための運営管理車でしょうか?声を張り上げて

指示を出すためだけにあるのですか?

選手の一番近くでずっと見ているからこそ、

わかることはありませんか?


選手は自ら止まることはないと思います。

自分が止まってしまえば、襷を繋いでくれたチームメートに

対して申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまうでしょう。

だから、無理を承知で走り続ける。


だからこそ、監督がムリにでも止めてあげることも

必要では、と思ってしまいます。

今年のレースを教訓に、各校の指導者には

いま一度考えて欲しいと思います。





また、悲劇があった中にもキラリと光った出来事も。

それは、新鋭・中央学院大学が大学最高記録となる

3位でゴールしたこと。そして、予選会で無念の涙を

流したチームから選抜された、関東学連選抜チームが

見事に4位でゴールしたことです。


中央学院大学は、大エースがいるもののそのほかの選手は

若干見劣りすると思われていたため、ここまで

レース全体を通して安定した走りが見られるとは思いませんでした。

これは嬉しい誤算ですね。

また、関東学連選抜が4位に入ったことで、次回の

予選会は枠が1つ広がり、10校が本戦への切符を

手にすることができます。

これも、本戦に出場できなかった学校からの寄せ集めとは言え、

自分たちの力で枠を勝ち取るんだ、と言う執念が

実を結んだ結果ではないでしょうか。


ただ、来年の本戦に向けての予選会は

いつになくハイレベルになります。

今年リタイアとなった順天堂大学、大東文化大学、東海大学。

そしてシード権が確保できなかった城西大学、日本体育大学、

神奈川大学、専修大学、法政大学。

これらの大学と戦って、切符を勝ち取らないといけない。

とても厳しい闘いになることは間違いないです。


シードを取れた学校も、予選会からになった学校も。

大手町のゴールを切った瞬間、来年に向けた闘いが

スタートしたわけです。

まずは今年の疲れを癒し、反省をして次回に向けて

一歩を走り出して欲しいと思います。





最後に、毎年のことですが、選手の皆さんお疲れさまでした。

そして、感動をありがとう。


posted by ぴあす。 at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅まきながら・・・。
わが母校松葉色の農大も
ちゃんと襷をつないでくれました。
あとちょっとでという危ないシーンはありましたが。
来年の本戦に向けてまた練習ですが大根踊りを見られたこと、応援団ががんばっていることも見られてとても嬉しかったです。
A大もがんばってましたね。
シード権獲得おめでとうございます!!
Posted by なかっちゃん at 2008年01月06日 22:44
>なかっちゃん

そうだったね、大根踊りが今年は箱根に戻ってきたもんね!やはりあの踊りは箱根に必要ですよ^^
また大根踊りが見られるように、選手の皆さんには頑張って欲しいな。
Posted by ぴあす。 at 2008年01月06日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76278561

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。