2008年04月05日

J1第5節 鹿島対千葉 テレビ観戦記。

鹿島 4−1 千葉


鹿島の強さが光る試合でした。
(最後の失点は余計だったけど)


ボールの回し方も上手く、チームが機能している。

そして決める人が決める。
(今日の得点は先発FWの2人と、その2人と交代した
2人の計4人が各1点ずつ)


セットプレーからはもちろん、流れの中で得点する能力。
そして、どんなに点差がついても
前線からボールを追い回す泥臭さ。
客観的に見て、今年のJ1では抜けた存在に感じる。


そしてやはりボランチの小笠原選手。
彼が完全に試合をコントロールしている。
日本代表にも選んで欲しい。はっきり言って、今シーズンの
鈴木啓太選手(浦和)よりも格段によいパフォーマンスだ。


鹿島は、選手を固定して試合に臨む。
これは浦和も同じことをしていた(監督が変わった今は違う)。
しかし、鹿島は結果が出ていて、浦和は監督交代。
第5節にして、ようやく本来の力が徐々に
出るようになってきた浦和。
これはなにが違うのか?


選手の能力的には、大差ない。
違いがあったのは、ベンチ。簡単に言えば、監督だ。

浦和のオジェック(前)監督は、プロサッカー選手としては
芽が出なかったものの、指導者としては大成した。
各国を渡り歩き、カナダ代表監督も経験。
指導者タイプとしては、完全に理論派。
逆に選手とのコミュニケーションを取るのはうまくなかった。

対照的に、鹿島のオリベイラ監督は
サッカー選手の経験がない。
しかし、ブラジルの名門コリンチャンスのコーチを
皮切りに、サンパウロやフラメンゴなどの指導者を歴任。
フィジカルコーチをしていたこともあり、選手との
コミュニケーションを図るのがうまい。
いわば、チーム力を高めるタイプの監督。


同じ”選手固定型”のチームでありながら、
機能したチームと機能しなかったチーム。
やはり、キーは指導者にあったようだ。
現に指導者が変わった浦和は、徐々に調子を取り戻している。


選手個人の能力が高く、チームも熟成されている。
今年のJ1、鹿島が走りそうな予感がする。
唯一の懸念は、ACL出場による過密日程か。



そして今日の対戦相手だった千葉。
昨年までの主力が流出し、チームがまだ出来ていないことも
あるが、非常にお粗末な試合運びだった。
負けている状況にも関わらず前線からの
プレッシャーは皆無。また、鹿島の攻撃時に
小笠原選手に体を寄せることもしない。
そんなプレーをしていたら、相手に自由を与えるだけ。
今シーズン未勝利なのも、うなずける試合内容だった。

FWの巻選手も、引き気味のポジショニングしか取れず
ゴールに向かうシーンは見られなかった。
後ろから出てくる選手がいなければ、活きないタイプなのに。
巻選手は。この辺も今年の千葉の問題と見る。


これから暖かくなり、スポーツを見るには最高の季節になった。
今年もまた、スタジアムに足を運ぶ機会を作ろうと思う。


posted by ぴあす。 at 16:23| Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鹿島は、小笠原をボランチに使えてるのが大きい。
身体に負担がかからない(ぶつかり合いが比較的少ない)。

ちなみにオジェック監督について言うと、はっきり言って彼はチームの初期はいいけど、発展・応用編には向かないタイプだよね。

レッズはポンテが帰ってくるまで厳しいかな。
Posted by rarz at 2008年04月06日 02:14
>rarzくん

確かに、鹿島は小笠原選手をプレッシャーの少ないポジションで起用できているのが大きいね。
それにしても最近はトップ下の選手がボランチに入ることが多いね。マリノスの山瀬選手もそうだし。数年前の欧州のトレンドがようやく日本上陸って感じww

浦和は、梅崎選手がだいぶ機能してきてるけど、やっぱポンテ選手にはかなわないですなぁ。
Posted by ぴあす。 at 2008年04月06日 08:31
まぁ、あの手の起用法って体力的に落ちたトップ下を生かすって方法なんだけどね。
ラモスとかもそうだったじゃない。

そういう意味だと、ヨーロッパではマンチェスター・Uのスコールズとかが代表的かな。

あとは、身体のぶつけ合いが苦手な選手とかね。
そういうのは、ピルロとかモルフェオとかかな。

逆のパターンでボランチ→トップ下ってのはリケルメとかシャビ・アロンソとかセスクとか。
このパターンは、もともとテクがあったのに体が成長してトップ下に耐えられるようになったってやつね。

日本の場合は、なんか
『ここに置いときゃもっとプレッシャーが減るべ』
って感じでね。
楽して得獲れ、みたいであまり好きじゃないんだけど。
Posted by rarz at 2008年04月06日 11:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92340907

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。