2005年07月09日

ダイスをころがせ!

今日は久々に書評なんぞ。

今日の本は、「ダイスを転がせ!」です。
作者は真保裕一氏。織田裕二さん主演で映画化された「ホワイトアウト」原作者です。

タイトルだけだとどんな話か分からないのですが、内容は選挙のお話なのです。
あらすじとしては、こんな感じ。


ここに仕事上のトラブルで子会社へ出向になり、結果退職をして現在職探し中の男がいる。
そこへ、高校時代のライバルであり、親友だった男がやってきた。
地元静岡で衆院選への立候補を考えている。しかも無所属で戦う、と言う。
その選挙に向け自分の秘書になってくれ、と言うのである。

よくよく話を聞いてみると、自分の出向の原因となったトラブルに、その友人は関与していた。裏には何か事件があるらしい・・・。
妻とも上手く行っていなかった主人公は、悩んだ末に「衆院選が終わるまで」の限定で選挙をともに戦う決意をする。そこにはトラブルの原因となったウラを調べたい、と言う意図と共に、人生の次のステップへ進むために今一度熱さを取り戻したい、主人公の葛藤が垣間見える。

そして数々の事件、トラブルに見舞われながら支持者を増やし、当選に向け道を進む・・・と言うのが簡単なあらすじ。


選挙に向けた準備運動、そして本番の選挙戦・・・「取材の鬼」真保氏の筆力により、非常に臨場感があり、かつスピード感に溢れている本書。おかげで、通勤の電車では寝ることにしているぴあす。も寝ることを忘れ、一刻も早く次を見たい、今後が知りたい気持ちになってしまいました。
やはりこのスピード感、テンポのよさは真保氏の持ち味です。

読み進めていくと、実際の選挙の仕組みや法制度など、あまりに政党寄りになってしまっている日本の現状がよく分かります。小難しい政治関連の本やテレビの報道を見るより、基礎知識だけであればこっちのほうがラクに頭に入るかもしれません(笑)。

また、この小説の舞台となっている選挙は、2000年に行われた衆議院選挙です。
このときは、時の小渕首相が亡くなり、森首相になって初の総選挙でした。
僕は大学3年、縁があり地元の隣の選挙区から立候補した候補の選挙を手伝いました。
もちろん小説を事実と並べるのは無理があります。しかし、自分も戦った(つもりの)総選挙をこの主人公達も戦い抜いた、と言うのは個人的にとても身近に感じられてしまうのです、主人公達のことを。

この小説に出てくる言葉で印象に残ったのは、「法律や政治家が悪いと言う前に、何も変わらないと言い訳をして投票に行かない一般市民が一番問題なのではないか」と言うこと。

おっしゃるとおりです。

良くも悪くも、政治家を選んでいるのは私達なんですよ。票を勝ち取れなければ彼らも何も出来ないわけです。だから、報道を見て「政治家が悪い」「政治が変わらなければ日本は変わらない」という人もいますが、それは違うと思うのです。我々が投票に行き、アクションを起こして現在の政治に、既成政党に「No!」と言わない限り根本から変わることはあり得ません。
(注・別に僕はどの党の支持者でもないですし、強力に反発する政党があるわけでもありません)

自分達の、日本の未来を選ぶのは自らの持つ1票なのです。確かに自分ひとりが投票しなくたって大勢に影響ないかもしれません。でも、動くことをしなければ何かが変わることはあり得ないのです。

こんな真面目なことまで考えさせてくれるこの小説「ダイスを転がせ!」、ぜひ皆さんにも読んでほしいと思います。

<ぴあす。の採点表>満点は☆5つ
「ダイスを転がせ!」:☆☆☆☆☆exclamation×2
やはり真保小説は最高です!
posted by ぴあす。 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

はまります。

この間、とある友人に薦められ、今更ながら「電車男」を読んでいます。
しかも、本とか買わずにネットからプリントアウト(笑)。
A4用紙に、2面付けで印刷しても120枚・・・。
ボリューム大きすぎです(笑)。

今日、とりあえず最初の章を読んだのですが・・・半身浴しながら。
汗をかき、カナリ身体が温まっても、まだ読みてぇ、読み続けてぇ!と思ってしまいました。
いやー、あれははまる。
ホント、電車男の成長記みたいなもんだもの。
電車男、頑張れ!

ってもう既に終わってる話だけどね・・・。

明日以降も、時間を見つけて読み進めていこうと思います☆
posted by ぴあす。 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月31日

マリア様がみてる 特別でないただの一日

待ってました、最新刊。マリア様がみてる、通称「マリみて」でございます。今年の初頭に存在を知り、その後小説を借りて読んだら見事にハマり。そして、結局小説を自分で揃えてしまった現在です(笑)。

さて、今回のマリみては学園祭。物語のスタートより、ちょうど1年が経ったと言うことになります。今年の出し物の主役は、福沢姉弟。なかなか面白いことになっています。そして、並行的に可南子ちゃんの家族のことが判明したり、瞳子ちゃんが祐巳さんにとてもなついていたり、色んな出来事が起こっています。なので、本題の福沢姉弟の劇についてはほとんど触れられず・・・哀れなり、福沢姉弟。

今回は前作「チャオ ソレッラ!」と違って軽く読み流すって言う内容ではなく、それほど厚くないのに当初のマリみてのように内容がきっちり。とゆーか、セリフや文章の間から次に起こる事や将来のことを考えると結構深いカンジなのですよ。何よりとても気になるのが、祐巳さんの妹には誰がなるのか!?という事。瞳子ちゃんなのか、可南子ちゃんなのか、はたまた大どんでん返しで別の子が登場するのか・・・。流れ的には瞳子ちゃんかなぁ、って気もしますが、でもそれは瞳子ちゃんの片思いも多分にあるようで。祐巳さんの気持ちはどっちかと言うと可南子ちゃんに傾いている気もするし・・・。2人とも妹になって欲しいくらいですが、でもそれはリリアンの姉妹(スール)制度上ありえない話だと思うので。よって、現段階で個人的には可南子ちゃん妹説が有力かなぁ。

ぴあす。の採点表・・・☆☆☆☆☆(最高点☆5つ)
だって、単純に好きなんだもん。こーゆー感じの小説。
posted by ぴあす。 at 00:11| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月23日

日本国債。

久々に書評なんぞ。

ハードカバーで出た時から話題騒然、日本という国の価値を表すとも言える日本国債に大異変が・・・と言うこの小説。しかも小説発表後、現実の世の中が追っ掛けるかのように非常に似た状況に陥りました。その時、この小説、そして幸田真音と言う作家が世の中に注目されたのでした。私もその時初めて幸田、という作家を知りました。(ひょっとしたらもっと以前から有名だったのかも知れません)

幸田さんは、もともとは外資系の証券会社のディーラーとして活躍された経歴をお持ちだと言うことで、発表された小説の舞台が金融界だったとき、非常に細かく、スリリング、且つわかりやすく描かれているのです。確かに難しい用語、何度も読み返しても理解に時間のかかるシチュエーションなどありますが、でもとてもテンポ良くストーリーが展開するため、あっという間に読破してしてしまいます。

今回の日本国債という小説。今か今かと文庫化を待ちわびていたので即買いでした。そして、同じ時に買ったほかの6冊の小説には目もくれず、真っ先に手にしたんですが、正解でした!!展開が速く、しかも日本が売られていく、価値が暴落すると言うシリアスで現実にも起こったことがテーマなので、どんどん引き込まれました。普段朝の通勤電車では寝ているのですが、この小説を読んでいた時は先が気になって一睡もしませんでした。いや、できませんでした。

物語は、ある女性ディーラーが慕っていた先輩が交通事故に会い、しかもその先輩は別の人物を追っ掛けていた警察にも目をかけられていた・・というところからスタート。この事故が、全ての始まりだったのです。
難しい話になりがちな経済小説、しかも舞台が金融業界。でも幸田さんの主人公は、みんな誠実で前向き、正義感にあふれると言った感じで読んでいて爽快感があります。
かなりお気に入りの作家さんになっているので、これからも文庫が出たら即買いは続くでしょう・・・。

<ぴあす。の評価> 95点!!
posted by ぴあす。 at 21:27| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月07日

「卒業」

秋山幸二氏。
西武ライオンズの黄金時代に活躍し、その後福岡ダイエーホークスで
万年Bクラスだったチームの一員として優勝を経験。
2002年シーズンで引退。
その秋山氏が書いた、自伝です。以前友人に勧められて購入したまま、いわゆる「つん読」状態になってました(Aさん読んでたらごめん!)。
それをついに読んだのです。秋山氏は自分が野球をしていた、しかも
外野を守っていたこともあり、一番のお気に入りの選手でした。あの頃の西武がとても好きだった…。
そしてこの本なのですが。プロローグから第1章で、引退のことに触れているのです。その段階で、涙がにじんで来ました…入浴中で良かった、読んでるの。
その後も小さい頃の話から西武入団、黄金時代を経てダイエー移籍、そして優勝までをつづっているのです。詳しい内容はスペースなくて書けませんが、秋山氏が好きな人、野球が好きな人には当然お勧め!そうでなくても、機会があったら是非一読することをお勧めします。この本は、組織の中で生きるために必要なことを示唆してくれます。人生論としても参考になりますし。

●ぴあす。の採点●88点(100点満点)
posted by ぴあす。 at 23:20| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月16日

トリニティ・ブラッド

この本、借り物です。面白いから、と渡され、見事にハマりました。
要は異生物ファンタジー、ってカンジなんですが。
だいぶ前に借りて、一応「ROM」シリーズの4冊は全部読んだんですが。
(他に「RAM」シリーズというものがある、らしい)

最近通勤電車で読む本が無くなった為、再度トリニティ・ブラッドの
1冊目から読み出したのですよ。いや、これが面白い。ストーリー的には、勧善懲悪型というか、人間サイドである教皇庁と吸血鬼側である帝国の戦い、そしてそこに絡んでくる教皇庁の特別任務官の隠された背景…ってカンジなんですが。大枠でまとめると。
舞台はヨーロッパなんだけど、時代設定が全然違うから、地名とかしか
親近感がないのです。でも、テンポの良い書き方に引き込まれ、ついつい映像が脳裏に浮かびます。これ、映像化(アニメ化)してくれたら面白いんだけどな…。BGMは、これも渡されて聞き出したら止まらない、See-Sawですね。案外小説の舞台設定に会う曲調だったのです。

この小説といい、十二国記といい、実在の土地がベースに出てくる
ファンタジーにハマる傾向のあるということが発見でした。
posted by ぴあす。 at 23:34| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年02月09日

るろうに剣心。

前にもチラッと書いたけど、るろうに剣心、読みました。読破です。
ジャンプで連載されてた頃にも読んでたんだけど、冷静に考えれば
浪人した頃からかな、ジャンプを読まなくなったので、剣心のストーリーも途中で終わってたんですね、俺の中では。
記憶のあるとこまではとにかく闘ってばかりだったんだけど、そのあとの展開はとにかくダークで。今回初めて読んで、思いのほか「淡々と読む」作業になってしまった後半でした。話の流れも、戦いに主眼を置いてるのか、ストーリー性を大事にしてるのかがよく分からず(苦笑)。それも淡々とした原因かもしれないです。
でも総じて思ったのは、結構面白いマンガだな、と。美形ぞろいなのが気に食わんが(笑)。ジャンプありきたりな「いつの間にか闘うことが主題になってしまったマンガ」ではなかったので。それにしても終わり方が唐突過ぎたのが残念だったけど。無理やり終わらせた感がなくもない(笑)。
でも、今は解散してしまったジュディマリが主題歌歌ってたんだよなー。テレビアニメ。懐かしいことこの上なし。しかも、1999年まで連載してたってことは、俺がアメリカ行く直前ってことだ。だからなんだって話もあるが、そう考えると自分の中での時系列が成り立つ。
それにしても新撰組が幕府側だったのか維新側だったのか、たまに混乱するときが今でもある…(笑)。
posted by ぴあす。 at 00:07| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。